(社)おんなたちの古民家の活動記録です♪ 古民家再生の様子や日々の出来事をつづっていきます。


by onnatachinokomink

感動☆田楽米が東京へ!

ビックニュースです!! 田楽米が、東京にある日本橋高島屋さんのお米コーナーの、なんとレジ横に並ぶことになりました(感動)
d0327321_22262144.jpg


田楽米とは、私たちおんなたち古民家が再生した古民家「田楽庵」のある、山口市阿東徳佐で、昨年5月から生産者の方々と田植えをしてつくったお米です。(生産者はアグリアートジャパンの農家)

d0327321_22185163.jpg

名誉会長の安倍昭恵さんをはじめ、山口県立大学の学生、水谷教授、古民家大好きな女性たち、地元農家の皆さん、さらにゲストでジャポニスム振興会の大谷祥子さんなども参加して、みんなで植えたコシヒカリです。 もんぺっこという、おしゃれな農作業着をきて、田植えガールたちが1日かけて植えていきました。

d0327321_22193960.jpg


大谷さん、よーこちん、あきえさん、わたし、ちゃーちゃんなどなど、みんなで泥だらけになりながら、かなり本気で植えていきました♪ あきえさんの体力に感動☆ 私は田靴に足をとられて最後はへろへろでした(笑)
d0327321_2220044.jpg


農薬使用も半分以下に抑えて栽培したため、田んぼにはヒエという雑草がたくさん生えてきたので、丁寧に人の手で取り除いていきました。より美味しいお米をつくろうと、みんなの願いのこもったお米。秋には、機械乾燥ではなく、「はぜかけ」をして、自然の風で乾燥させました。

d0327321_22243975.jpg

稲刈りも、もちろんオシャレな「もんぺっこ」を着用です♪ 農業もファッショナブルに☆気分も明るくなり、とても楽しく作業できました^^
d0327321_22254152.jpg


はぜかけ作業は、かなり重労働。最初は明るく楽しく作業していましたが、夕方ごろは体力との戦いで頑張りました。そして、ぶじに終了!!
d0327321_22274020.jpg

みんなではぜを前に記念撮影。
d0327321_2230516.jpg


こうして手間暇かけてできたお米は、田んぼを楽しむいおりと名付けた「田楽庵」(でんがくあん)の前でつくったお米ということで、「田楽米」(でんがくまい)と命名☆

パッケージのロゴは、私がとても尊敬する書家・村上真実さんに書いていただきました♪
そして、そのお米は、おんなたちの古民家の理事が東京を行き来して、色々と商談の末、日本の首都!!東京にある日本橋の高島屋さんで売っていただけることになりました♪

先日、ついにその様子を見に、高島屋さんへ!
d0327321_22374157.jpg

看板から高級感漂っていました。

ワクワク、ドキドキ
d0327321_22381371.jpg


そして、お米コーナーを発見!!
d0327321_22384291.jpg

d0327321_2239448.jpg


色んなブランド米が並ぶ中、なんとなんと、田楽米は、レジ横にディスプレイされているではありませんか~☆(感動しすぎて涙でました)!!
d0327321_22395890.jpg


そして値段にもびっくり☆ 日本一高いお米を、高島屋さんにつけていただいていました。
d0327321_22403867.jpg


山口県のお米が、この東京にこうやって並んだことは、なんだか歴史的なことだと思います。
古民家再生からはじまったお米づくり。お米の消費を増やそうと、昨年は加工品づくりにも挑戦!
d0327321_2248026.jpg

創作洋菓子のロイヤルさんの協力で、色んな試作品をつくっていただいた中から選ばれたのは・・・

もんぺっこで植えたお米からつくった「モチペッコ」☆ お餅をパイ生地でつつんでとっても美味しいと大好評でした♪
d0327321_2249444.jpg

これは、山口県の6次産業の事業にも認定され、東京ビックサイトのスーパーマーケットトレードショーにも出品してきました。 モチペッコを食べてみたいという方は、おんなたちの古民家(0120-866-725)までご連絡くださいね。 ではでは、次はトレードショーの様子もご紹介しようと思います^^
[PR]
by onnatachinokomink | 2015-02-13 22:55 | 献上田楽米~一合一笑