(社)おんなたちの古民家の活動記録です♪ 古民家再生の様子や日々の出来事をつづっていきます。


by onnatachinokomink

カテゴリ:徳佐の古民家再生( 88 )

 解体作業着々

工事開始の翌日から、解体作業がすごいスピードで進んでいます。

まずは外観を紹介。

表は

BEFORE
d0327321_23493748.jpg


AFTER
d0327321_2351259.jpg

木の板をはぐっていくと、漆喰の壁が出てきました!


裏側は

BEFORE
d0327321_23574178.jpg



AFTER
d0327321_23562613.jpg



もうほとんどスケルトン状態。

基礎は白アリにかなりやられていたため、ほとんど変えることになりそうです。
[PR]
by onnatachinokomink | 2013-07-04 00:02 | 徳佐の古民家再生
神事も無事に終わり、荷物や建具を外に運び出す作業が進みます。

d0327321_22413696.jpg

荷物がなくなると広く感じます。

土間の横の倉庫。これも、もうすぐ撤去されることに。
d0327321_2242682.jpg


田の字型の間取り。作りつけのタンスかっこいい!
d0327321_22431551.jpg


囲炉裏のあったお部屋
d0327321_22441536.jpg



d0327321_22461995.jpg



キッチンの横には開かずの扉が。
オープンしてみると・・・ しょうゆを作っていたという大きな樽がでてきました
d0327321_22513775.jpg




小野さんたちに、いるものだけ持っていってもらい、いらないものはそのまま置いておいてもらいました。
そしてあとは、一気に撤去です! うちの職人さんたちは、本当に仕事が早くて元町長もびっくり!!
d0327321_22471669.jpg



そして・・・・


この日の夕方には こうなりました↓

d0327321_2249660.jpg



続いて、いよいよ解体作業です!
[PR]
by onnatachinokomink | 2013-07-03 22:55 | 徳佐の古民家再生

江戸時代の刀

お宝探しの続きですが・・・

なんと、200年以上前のすごいものが古民家から出てきました。

それは、古刀(ことう)コレクターHさんいわく、

「この作りは、明治のものじゃないな。確実に江戸のもの!」

ということで、江戸時代に使われていた、しかも、この山見邸に嫁いできた女性がもってきたと思われる守り刀が出てきました!(←というか、ここまで推測できるのがすごい☆ さすが古刀(ことう)コレクターです♪)

d0327321_1145674.jpg

手慣れた感じで、磨いていった結果・・・


じゃじゃん!!   
d0327321_116751.jpg

江戸時代のものと思うと、なんだか鳥肌が立ちました。

余談ですが・・・
古刀コレクターHさんが刀を研ぐ姿は、まさに私の大好きなまんが「ばがぼんど」に出てくる宮本武蔵でした!!(ほんとに)笑   
[PR]
by onnatachinokomink | 2013-07-03 01:20 | 徳佐の古民家再生
7月1日、ご親族の方々にもお集まりいただき、無事に神事が行われました。

d0327321_23423532.jpg


神主さんは、なんと、あの「マツダ」の元会長さんという超大物人物の方でびっくり(驚)。

・・と、それは余談ですが、売主、施主、施工者が集まり、滞りなく神事がおわって安心しました。

d0327321_23405649.jpg



神主さんから、「柱や土地、屋根などなど、いろんな家の神様に集まってもらい、またそれぞれに帰っていただきました」と説明がありました。 


あとで皆さんの話題になっていたのですが、神事の間、外から突風のような風が部屋の中にはいってきて、終わった瞬間に、その風が吹きやんだのです。 神主さんのお話を聞き、みんなで、あの瞬間だけすごい風で、神様が入ってきたのかね~と話していて、私も鳥肌が立ちました。

d0327321_2341555.jpg



それから・・・

神事の前に、この古民家の新しい名前がついに決定しました。

d0327321_23471486.jpg

山見一族の皆さん。新しく生まれ変わるということで、とても喜んでいらっしゃいます☆ 


ということで、田園風景広がるこの家の名前は・・・・ 


田んぼを楽しむという意味、さらに、山見さんが切り拓いた土地ということもあり・・・



その名も!!!


「旧山見邸 田楽庵」(きゅうやまみてい でんがくあん) に決定しました。

d0327321_23565931.jpg
 
[PR]
by onnatachinokomink | 2013-07-01 23:37 | 徳佐の古民家再生

宝探し

古民家再生をする前に、必ずやらないといけないのが、荷物の整理&ごみ出しです。


いつも、いろんな古民家にうかがわせてもらうのですが、今回のように、ご先祖様のお写真がそのまま飾られていたり、空き家になって何十年もたっていても、昨日まで生活していたかのような生活感のある状態のところが多い印象をうけます。

元阿東町長の小野さんはこの日、「親族を集めて宝探しをする!(笑)」とのことで、1日かけて荷物を整理されていました。

d0327321_23292992.jpg


「何か掘り出し物はありましたか?」というと、「ないの~」とのこと♪(笑)

でも、私たちにいただいたものの中で、あるお宝が見つかりましたよ(これは後日報告しますね!)
[PR]
by onnatachinokomink | 2013-06-30 23:31 | 徳佐の古民家再生

大工さんと現場へ

今日は、大工さんと現場へいき図面を引いてもらいました。
予想以上に傷んでいて、再生も困難。。
 
古民家再生を専門とする職人さんに、「ほんとにやるんか?」と言われましたが、 この地域に残る一番古い家だからこそ守っていくことに。 私たちの熱い思いに、棟梁も試行錯誤で色々考えてくださることに(感謝)

d0327321_2332112.jpg


広い土間は、まさに古民家の象徴。

d0327321_2365366.jpg


キッチン&囲炉裏のお部屋。
d0327321_2394327.jpg


かっこいい囲炉裏スペースも♪
d0327321_23105143.jpg



d0327321_23121589.jpg



家の裏側です。

d0327321_23141456.jpg


この家が、どう再生されていくのか・・ 乞うご期待です!!
d0327321_2315256.jpg

[PR]
by onnatachinokomink | 2013-06-22 23:00 | 徳佐の古民家再生

元町長の古民家!?

その古民家は、山口市の空き家バンクに登録されている物件でした。
しかも、元阿東町長が所有する、なんとこの地域では一番古いという歴史ある古民家。

家系図をさかのぼって調べていただいたところ、築200年以上は確実で、梁や柱も太い立派なお家です。

d0327321_22461324.jpg


古民家はもちろん、ここはまさに日本の原風景が残っていて、周りの環境が最高です!
見渡す限り・・・田んぼ田んぼ田んぼ(笑)  これぞ、「THE・里山」です♪

d0327321_22505952.jpg


田舎暮らしをしたいという方に、阿東はまさにぴったりの場所。そこで、山口市の協力の下、この古民家を再生して、古民家再生のモデルルームとして活用していくことが決定しました。
移住希望者が実際に田舎暮らしを体験できる宿泊施設にもなり、定住サポーターや地域の方たちの拠点にもなります。

d0327321_2258433.jpg

[PR]
by onnatachinokomink | 2013-06-17 22:39 | 徳佐の古民家再生
はじめまして。

「(社)おんなたちの古民家」代表のNatsukoです。

今日からこちらのブログで、「おんなたちの古民家」の活動をつづっていこうと思います♪

突然ですが、私は、山口市の定住サポーターに任命されています。

山口市には、空き家バンクという制度があり、これは空き家を優れた地域資源として活用し、過疎地域を中心とした移住の促進及び地域の活性化を図るものです。 現在、少子高齢化・人口減少の進展が著しく、不動産事業者の手が及びにくい徳地、阿東地域(過疎地域)を対象に、移住・定住を希望される方に対し、空き家・古民家の情報を提供しています。
(平成20年5月から「山口市空き家バンク設置要綱」を施行)

今年に入って、なんと10件成約があり、空き家だった古民家に新しい方が移り住んでこられました♪

しかし、空き家となっている古民家は再生しないとなかなか住むことができません。
特にキッチン、お風呂、トイレなどの水回りがそのままだと、すぐに住むことが難しく、あきらめる人も多いのが現状です。 そんな中、実際に古民家暮らしってどうなの?? 再生したらどうなるの??という人のために、今年、おんなたちの古民家では、ある一大事業を計画しています☆

それは、ある築200年以上にもなる古民家との出逢いから始まりました・・・♪
d0327321_22183294.jpg

[PR]
by onnatachinokomink | 2013-06-04 22:11 | 徳佐の古民家再生