(社)おんなたちの古民家の活動記録です♪ 古民家再生の様子や日々の出来事をつづっていきます。


by onnatachinokomink
今、行っている周南市の古民家再生現場の様子です。

d0327321_1330196.jpg


かなり傷みが激しい古民家ですが、棟梁の手にかかれば安心!
d0327321_13301337.jpg


どのように変わるか、ご期待ください♪
d0327321_13304457.jpg



d0327321_1331329.jpg



詳しくは、フェイスブックでその様子をアップしておりますので、ご覧下さいませ♪
[PR]
# by onnatachinokomink | 2015-06-07 13:33
d0327321_13213876.jpg

5月10日、11日の田植えフェスティバルは、皆様のおかげで無事に終了することができました♪
今回は、東京、京都、兵庫、四国、九州など遠方からも参加もあり、約250人の方にお越しいただきました^^

詳しくは、フェイスブックでその様子をアップしておりますので、ご覧下さいませ♪
[PR]
# by onnatachinokomink | 2015-06-07 13:24

田植えの駐車場

いよいよ田植えまであと2日間となりました。
参加者の皆様は、当日は「阿東徳佐4034」の田楽庵を目指して、10時半ごろまでにお越しいただけると助かります。山口市から、徳佐までは車で約1時間みておけば余裕でこれます。
津和野方面にとにかくまっすぐ一本道。道の駅長門峡が中間地点くらいです。

りんご園の看板が見えてきたら、いよいよ徳佐。 セブンイレブン、ローソンを通過したら、その500mくらい先のガソリンスダンド過ぎてすぐの交差点(左にまがったら徳佐駅)を、右折してください。右折した道は、左が徳佐八幡宮、そして右が小学校です。

田楽庵(写真右上)は、下写真の左側(この小学校のグラウンドが駐車場)からあがってくる感じになります。
今回、参加者が多いため、車でお越しの皆様は、小学校のグラウンドにとめていただければと思います。そこから送迎いたします。

d0327321_1064845.jpg


来賓の皆様は、上の公会堂(写真の右側)までお越しください。
マスコミの皆様は、テレビ関係の方は、機材が重いので、上の公会堂へとめてください。記者の方は、下の駐車場へとめていただければありがたいです。

お昼は、こちらで簡単なお食事をご用意しています^^
食べた後、田植えを楽しみましょう☆☆☆ ぜひ、よろしくお願いいたします♪
[PR]
# by onnatachinokomink | 2015-05-08 10:16

5月10日の田植えに、スペシャルゲストとして、世界に3人しかいないといわれる「一筆龍絵師」(ひとふでりゅうえし)の「手島啓輔」さんにお越しいただき、一筆龍の実演を奉納していただけることになりました!
手島さんは、昨年40日間にわたってロサンゼルス、ニューヨーク、ワシントン、フロリダなどで多くのパフォーマンスを披露。世界的にも注目されているアーティストの方です! そんな方が、今回、おんなたちの古民家主催の「田植えフェスティバル」で実演してくださることになりました♪ 田植えに参加される方、すごいラッキーですよ(笑)

d0327321_1045862.jpg


 一筆龍とは、龍の伸びやかな動きと美しい鱗を、書道筆を用い、一筆で表現する江戸時代から伝わる日本伝統技法です。縁起の良い龍の体の部分が一筆で描かれていることから、「仕事」や「人」との縁が「途切れない」「切れない」という、縁起物とされてきました。今回、素敵なご縁をいただき、手島先生が田楽庵の前で、一筆龍を奉納してくださいます☆紹介してくださった越智さん、感謝感謝です☆☆☆

d0327321_1051621.jpg

 
 ではでは、なぜ田植えフェスティバルと「龍」が関係しているかというと、実はすごく深~い関係があるのです☆ 少し長くなりますが、かなり奥深いお話なので、ぜひ読んでみてください♪
 龍は日本列島の形ともいわれ、古より龍が宿る神秘の国とされてきました。また縄文・弥生時から日本人の心でもある稲に必要な雨を降らせる水神様として祭られてきました。神社は稲を祭っており、稲の殻である藁を無限に結ってしめ縄として大切に奉られています。またそれに合わせて神社には必ずや龍の姿があります。それは五穀豊穣、稲にとってなくてはならない雨水をもたらす水、つまり水神様だからです。
 もうひとつ稲にとって大切なのは空気を浄化する「雷」です。雷は「雨」に「田」と書くことから田んぼとの関係性の深さがうかがえます。
また「雷」のより強いものを「稲妻」といい、これも「稲」の「妻」と書き、稲にはなくてはならないかけがえのないものと古から考えられていました。「雷」「稲妻」は稲にとっての恵みの雨、浄化はもとより、天からの電気が空気中の酸化を一気に還元し、浄化する働きがあります。
稲はそこから天のエネルギーをもらいます。実際に、夏に雷が多いと豊作といわれているのもそれが所以です。 この大切な「雷」「稲妻」をもたらすのが時空を越えて訪れる「龍」なのです。
d0327321_1053066.jpg


日本を表す「和」は「イネへん」に「口」と書きイネを口にする民族を表します。また黄金の国ZIPANGと言われていたのも稲穂の色。黄色人種の肌の色も稲の色といわれています

稲は日本人の魂であり、DNAであり、命です。

田んぼ、稲は日本人のルーツであり、そこには龍神がいるのです。

 今回、たくさんの方に参加していただく田植えフェスティバル!
秋には、素晴らしい金色の実りをもたらすように願っています♪♪♪

田植え参加者の方は、もんぺっこレンタルコーナーが田楽庵の中にありますので、10時~10時半ごろにお越しくださいませ。11時からセレモニーがあり、一筆龍のパフォーマンスになります! お見逃しなく☆☆☆
[PR]
# by onnatachinokomink | 2015-05-08 10:05
昨年、みんなで丹精込めてつくった田楽米! 
その田楽米を使ったスイーツ「モチペッコ」が、ついに東京・高島屋さんで期間限定の販売になりました♪ ゴールデンウイークの5月5日まで、日本橋高島屋さんの地下一階で催事が開かれています★
d0327321_12533774.jpg


高島屋さんのホームページでも紹介していただいております♪
ぜひぜひ、皆さん、モチペッコとっても美味しいので、食べてみてくださいね☆
[PR]
# by onnatachinokomink | 2015-05-02 13:05
日本一になった田楽米の田植えフェスティバル


日時:2015年5月10日(日) 時間:午前11時~午後4時
場所:旧山見邸田楽庵(山口市徳佐中4034番地)

d0327321_10555072.jpg


今年2月、東京の高島屋日本橋で、2キロ5184円(税込)という、日本一の値をつけた田楽米。今年は、山口市のお米が世界一になることを目指して、阿東で生産者の方々と田植えフェスティバルを開催します!
(社)おんなたちの古民家は2013年10月、徳佐中の築200年以上の古民家を再生させて「旧山見邸田楽庵」をオープンしました。昨年5月、地元の生産者の方々と協力し、有機農法、減農薬、さらに手間暇かけた、“はで(はぜ)かけ米”を行い、阿東の美味しいお米を国内外に発信しよう!と、「田楽米」と名付けて田植えを実施。この時、山口県立大学企画デザイン研究室の協力の下、おんなたちの古民家名誉会長でもある安倍昭恵さんをはじめ、大学生、古民家大好き女子部のメンバー、JA婦人部の皆さんが、「もんぺっこ」(おしゃれな農作業着)を着て作業し、「農業×ファッション×古民家」をテーマに行い、秋に収穫。この“田楽米”は、東京高島屋日本橋店(本店)で、今年の2月から「献上田楽米」として山口県阿東の最高級ブランド・高品質のコシヒカリとして販売が始まりました。

d0327321_1135285.jpg


また同時に、この美味しいお米を使ったスイーツづくりも昨年夏から始まり、パイ生地でお餅と餡を包んだ「モチペッコ」やコシヒカリをお酒にしてリキュールとしてしみ込ませた大人のケーキ「和酒彩菓 田楽庵」が誕生しました。これは、いずれも山口県6次産業化・農商工連携推進事業にも認定されました。また、この4月29日~5月5日まで、東京高島屋日本橋で、これらのスイーツの催事も決定しました。

d0327321_1058459.jpg


これらの活動の中で、田楽米の生産量を増やし、さらに山口の美味しいお米や農産物を発信していこうと、阿東の農家や菓子製造者などとともに、阿東初の企業組合を設立することになりました(4月中)。その名も「企業組合アグリアートジャパン」(代表・松浦奈津子)で、5月10日に発足式も同時開催します。企業組合では、空き家の管理など中山間地域への定住支援も行っていく方針で、収益が出るようになれば、花火大会やお祭りなど、様々な形で地域に還元していければと考えています。


また、5月11日(月)には、岩国市錦町において、田楽米錦として酒米(イセヒカリ)の田植えを、「2015ミス日本酒・小川佐智江さん」らとともに実施(11時~田植え、午後から酒造へ)。堀江酒場(錦町)の協力の下、日本一になった田楽米で、オーガニックの日本酒を作ることが決まりました。


 (社)おんなたちの古民家は、「山口市定住サポーター」として、空き家の有効活用(古民家再生)、移住サポートなどを通して、阿東に深いご縁をいただきました。

d0327321_10595233.jpg

田楽庵再生前↑

米どころ阿東の魅力を私たちの視点で発信し、過疎化が進むこの地の活性化に少しでも貢献できればと考えています。今後、新たに発足する企業組合を中心に、県産ブランド米「田楽米」を活かしたスイーツ、お酒など、魅力ある商品の開発を積極的にすすめ、6次産業にも力を入れていきたいと思っています。 

d0327321_1115660.jpg

田楽庵再生後↑ 昨年の田植えフェスティバルの様子

5月10日(日)は、参加者大募集で、多くの方に田楽米の田植えに参加していただければと思っています。また、同時に今回は、田植えフェスティバル参加者に限り、田楽米の先行予約(特別価格)を行おうと思いますので、ぜひご協力のほど、よろしくお願いいたします。



●5月10日のタイムスケジュール(山口市阿東徳佐4034)

10時~10時半 田植え参加者集合・・・もんぺっこに着替え
11時~      田植えフェスティバル開会式典
          企業組合アグリアートジャパン設立式
12時~      昼食(懇親会)
13時~      田植え
15時半~16時半 地域懇親会  モチペッコ、ケーキを食べならお茶タイム&交流
16時半      終了・片づけ 


●5月11日のタイムスケジュール(岩国市錦町宇佐郷1012)
11時      2015ミス日本酒と、イセヒカリの田植え
12時~13時  昼食
13時半     堀江酒場へ
14時半     終了


〈田植えに持ってくるもの〉
 ・田植えのできる作業着
 ※もんぺっこは、数に限りがありますがレンタルでお貸しいたします。購入したい方は、5000円で販売いたします。またTシャツも貸し出します。こちらも購入したい方は500円で販売いたします。
 ・田靴(あれば)
 ・日よけ対策(日焼け止め、防止など)
 ・タオル
 ・飲み物
 
参加希望者は、(社)おんなたちの古民家(0120-866-725・info@yamakomi.com)へ事前申し込みをお願いいたします。


主催:一般社団法人おんなたちの古民家(0120-866-725)
共催:ジャポニスム振興会、企業組合アグリアートジャパン
協力:一般社団法人ミス日本酒、山口県立大学企画デザイン研究室、株式会社シーザー
[PR]
# by onnatachinokomink | 2015-04-17 11:08 | 献上田楽米~一合一笑
d0327321_13171199.jpg

気が付けば、もうすぐ4月ですね~。3月は年度末で毎日とっても忙しくて充実しています。
今年も、新しいチャレンジをたくさんしていこうと思います! 2月は、東京にいって昭恵さんのお店「UZU」で、モチペッコのお披露目などもさせていただきました。

今年も、5月には田楽庵の前で、田植えフェスティバルを開催します! 日程も、5月10日に決定★ 今年は、翌日に私の地元・錦町でも田植えを行う予定です^^
d0327321_13264341.jpg

おしゃれな農作業着「もんぺっこ」を着て、おいしいお米をつくります♪

5月10日の田植えは、古民家大好き女子部のメンバーをはじめ、参加してみたい!という方は、ぜひ大歓迎です。徳佐中4034の田楽庵の前の田んぼで、もんぺっこ着て楽しくイベントをしたいと思いますので、このブログを見られた参加希望者は、おんなたちの古民家までメールくださいね^^

女子部メンバー、大学生、子供たちなど、参加者大募集しています^^
d0327321_13242579.jpg

昨年の様子↑



おんなたちの古民家
info@yamakomi.com
[PR]
# by onnatachinokomink | 2015-03-21 13:27
広島の方からご連絡いただき、古民家を見に行ってきました。
d0327321_011896.jpg


お問い合わせ内容は、「山口県にある実家の古民家がリノベーションできますか?それとも、もうかなり古いので、壊した方がいいでしょうか? 家の状態を見てほしいのですが」とのことでした。
d0327321_0131463.jpg

古民家に関する色んなお問い合わせがあれば、お気軽にご連絡くださいね。
[PR]
# by onnatachinokomink | 2015-02-19 07:10

古民家再生☆岩国市へ

先日、古民家再生などのご相談で岩国市へ行ってきました。
d0327321_07797.jpg


とっても素敵な出逢いがありました♪
d0327321_074157.jpg

これからまた楽しみです^^ 美味しいイチゴをいただいたのですが、その甘さが忘れられません☆(笑)
[PR]
# by onnatachinokomink | 2015-02-17 07:06
東京ビックサイトで開かれた「スーパーマーケットトレードショー」に、おんなたちの古民家は、田楽米の加工品として、「モチペッコ」と「田楽庵~和酒彩菓」を出品しました。
d0327321_23323721.jpg


これは、山口県の6次産業の事業に認定されたことがきっかけです。
d0327321_2334238.jpg

私たちは、古民家再生をしている団体ですが、地域活性化の一つとして田植えや稲刈りに取り組み、加工品をつくり、地域を盛り上げようと活動していたところ、今回その加工品が山口県の6次産業の事業に認定されました。(田楽米の生産は企業組合アグリアートジャパン)。
中山間地域には、空き家がおおく、私たちは山口市長から「定住サポーター」にも任命されています。移住希望者に、空き家や古民家の情報発信やマッチング、古民家のリノベーションのお手伝いなどをしていますが、実際に移住したいと思える地域、魅力的な地域にならないと、この地は選ばないと思います。少しでも、地域が元気になればと、昨年は花火大会を企画&実行したり、お米づくりにもチャレンジしました。そんな小さな活動から、いろんな展開が巻き起こり、その田楽米でつくったスイーツを東京のビックサイトに出品するなんて夢にも思いませんでした。
d0327321_233867.jpg


お米から、スイーツができるなんて素敵ですよね!
協力してくださったロイヤルさんには本当に感謝感謝です☆

しかも、そのお米は田楽米。この田楽米をつかったスイーツが、二つ完成しました☆
d0327321_23425232.jpg


一つは、モチペッコ☆ もうひとつは、酒造会社の協力で田楽米からお酒をつくり(酒米でなく、うるち米で☆)、そのお酒をリキュールがわりにつかったケーキです。米粉も30パーセントつかっていて、今いろいろ開発しています^^ 焼酎と日本酒の間ということで、”和酒”と命名し、和酒彩菓~田楽庵~という名前の”大人のケーキ”。3カ月と日持ちもして、海外の人にも受け入れてもらえそうな予感満載です^^
d0327321_23435835.jpg



山口県のブースには、村岡知事さんにもお越しいただきました^^
d0327321_23474356.jpg


そしてそして、昭恵さんにもお越しいただきました☆
d0327321_23481929.jpg

お二人にご試食いただいたほか、この日は日本全国から集まったバイヤーさん、商社の方などなど、数多くの方に試食いただきました☆ 「予想以上に美味しい!」「本当に美味しい」「びっくりした」「もっと日持ちさせられないかな」「価格は?」などなど、色んなアドバイスやご意見をいただき、とても収穫のある一日となりました。

東京にいる友達も駆けつけてくれました^^ マスコミ業界の第一線で活躍する2人☆
d0327321_23513798.jpg

少しの時間だったけど、再会できて本当に嬉しかったです。忙しい中、時間をつくってきてくれてありがとう。

この日は、ゆりかもめに乗って夕焼けを見ながら帰りました。
d0327321_23523569.jpg

古民家再生をしながら、色んな経験をすることができて、本当にありがたいです。関係者の皆さま、本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございました。 
[PR]
# by onnatachinokomink | 2015-02-15 07:31 | 献上田楽米~一合一笑